近況報告

休日の食卓(前編)

2011・4・25

日曜は、一日中自宅で過ごす事が、

ここのところ、めっきり増えておりますが、

目の前の東○ストアで揃えた、

かなり手抜きで、ちょっと粋に見える、

晩餐のお噂でございますheart

 

胃腸と肝臓の疲弊から、

柔らかくて、暖ったかくて、

消化の良さそうなものをちょっと、がいいな・・・

って思って、

端から「マカロニグラタン」だけは、イメージして

買い物に行ったんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「登別産 白貝」(半額!!)

「ハインツの小分けのホワイトソース」(お休みだと、ベシャメルも炊かない怠け者(>_<))

「ディチェコのペンネ」

「背ワタ取り冷凍剥きブラックタイガー」(これもやや怠慢な感じ(>_<))

「青の洞窟 ラザニアセット」(怠慢)

「グリルチーズスライス」

「ペリエ レモン」

 

 

まずは「白貝の酒蒸し」

流れとしては「白ワイン蒸し」が

断然良かったのですが、

飲まないつもりで、買い物の時に

全くワインが眼中になく、

また、白貝も

買った時点では「月曜の朝食の味噌汁に!」

なんて思っていたこともあって・・・

在り合わせの料理酒で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・それが、ものすごく美味しい。

 

北陸辺りでは「饅頭貝」などと称され、

アピシウスの、故高橋シェフが、

気に入ってよく供されていた位、

貝そのものが、実に美味しい。

コツなんて、蒸し過ぎない事だけ。

 

また、このくらいの大きさですから

安いんですよ!!

スーパーで見つけたら

是非召し上がって頂きたい、

素晴らしい食材でございます。

 

ここで、

今更ながら、白ワインを買って来なかった事を、

大きく後悔し・・・

堪らず、ビールだけは飲んでいい事にしましたdevil

 

 

海老とペンネのグラタン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなのは

手抜き料理の真骨頂みたいなものですが・・・(@_@;)

でも、まあ疲れた心身は

結構暖ったまるもんです。

 

 

そして、本日のメインイベント

「青の洞窟 ラザニアセット」

 

ご存じの奥様も多い事と存じますが、

初めて手にした私は、

その本格的省力的キットに

驚嘆致しました!

 

ここからが、この記事の

一番の目玉なのですが・・・

長くなりましたので、また明日m(__)m

 

2011年4月25日8:02 PM | カテゴリー近況報告コメント (0)

アンネ=ゾフィー・ムター

2011・4・22

5月8日の日曜日に当ってくれて、

おふくろとチケットを買って、とても楽しみにしていた

ヴァイオリンの名手

アンネ=ゾフィー・ムターさんのコンサートが

中止になった。

 

言わずもがな・・・放射能のせいである。

kitaraで聴きたかったなぁ・・・

 

そういえば、kitara専属の

フランス人のオルガ二ストの方も、

とっとと母国へお帰りになっちゃいました。

 

街から、中国人の皆さんが

全くいなくなっちゃいました。

 

当たり前ですよね。

僕がドイツ人だったら、日本に来ません。

僕がフランス人だったら、フランスに帰ります。

僕が中国人だったら、違う国に旅行に行きます。

 

極く極く些細な、

でもありふれた、

原子力発電の札幌の日常への代償です。

 

 

2011年4月22日7:12 PM | カテゴリー近況報告コメント (0)

すし しもくら

2011・4・21

帰札2年半で

まだ2回しかお邪魔しておりませんが、

狸小路市場の

「すし しもくら」さんの

お話を致します。

 

お向かいの魚屋さんが、

例えば京都の「和久傳」さんの様な

お店に納めるレベルなんですが、

その経営だけあって

魚がいいとおもいます。

また、魚屋を見てから

鮨屋の方へ入れる訳ですから、

ある程度タネが予想出来るという楽しみも

ございます。

 

先日の出色は

鹿児島の縞鯵、玄界灘の平政とあらと鯖、

五島の石鯛。

勿論、まつかわ、桜鱒等の

北海道の旬にも抜け目はありません。

こういうタネが入るお任せ握りが、

お昼に、極めて真っ当なお値段で頂けます。

魚屋さんで

1貫分ずつ買う訳にもいきませんしね・・・。

 

魚のお好きな読者の皆様、

もうご存じの方も多ございましょうが、

相変わらず心躍る1軒でした。

 

2011年4月21日10:11 PM | カテゴリー近況報告コメント (0)

ハーブ&ドロシー

2011・4・20

シアターキノで、

今日観て参りました。

 

高校の同期に教わった、

高校の1年先輩の監督作品です。

 

本質を見抜ける卓越した審美眼を持つ

サラリーマン夫妻の

前衛アートのコレクションのドキュメントです。

 

つい

6~7年前まで

僕(等?)も、

似たような夫婦だった様な気が

したんだけどなぁ・・・

 

ま、ここらが

「審美眼」と「思い上がり」の

違いなんですよね。

 

お恥ずかしい。

 

5月6日頃まで上映してるそうです。

2011年4月20日9:56 PM | カテゴリー近況報告コメント (0)

まぐろ丼

2011・4・18

ある先輩のご贔屓の

宮の森小学校向かいのうどん屋

「三角山五衛門」に行って参りました。

 

初めてのお店や、

地理的になかなか来られないお店では、

気になるメニューは、

可能な限り試して帰る事を

リサーチの信条としている私は、

中落ち丼と最後まで迷った揚句

まぐろ丼(自動的にうどんがセット)と、

気になる角煮カレーうどんを

ビールと冷酒の助けを借りて

完食して参りました。

 

いいまぐろ(中トロ、赤身半々)でしたし、

お海苔の下のご飯が美味しかったな~・・・

山葵も、もちろん下ろした本山葵ですし。

(実は、この店の前のリサーチで、清田区のある蕎麦屋が、

 贔屓の『艸菴』、『古祁庵』を抑えて、

 札幌のトップであるというご意見を伺って、

 車でリサーチに参りましたら、練りわさびだった

 という苦い経験がございまして。)

 

うどん屋さんですから、

結構な人数が入りますし、

もちろん小さい子供は騒ぎますし、

ですが、そのご商売のスタイルの中で、

ひとつひとつのお仕事を、

きちんとなさるお店だと、

見ていて大変勉強になりました。

 

ホールの皆さんに、

ご主人の気持ちがきちんと伝わっていました。

的確な注文の伝達、空席待ち客の捌き、

空のグラスに水を注ぐタイミング・・・

接客の心地好さ。

 

私の焼き餃子の師匠は、

松本の「まんぷく亭」という

プレハブの7~8人しか入れない

定食屋のご主人です。

当時は毎週欠かさず、この定食屋に

餃子3人前だけを食べに通って

おりました。

 

定食屋さんの餃子、

うどん屋さんの美味しいまぐろ丼。

そして、ワインバーのラフロイグ・・・(照)

私も、決して邪道だとは思いません。

 

2011年4月18日7:09 PM | カテゴリー近況報告コメント (0)

ページトップ