1月2018

毎日新聞 1月31日 朝刊

2018・1・31

 

1面

店内禁煙「例外」が拡大

 

道民の皆様は、これどうしてだか解りますか?

マスコミが言葉に書いてないから解んないですか?

解りたくないですか?

政治のことなんか関心ないし、どうせ選挙にも行かないし、

今まで通り飲食店でタバコ吸えるんだらかえっていかったかえ?

JTが天下り先なんですよ。

 

僕も、もう関係ないです(笑)

5月から

タバコの煙と公共交通機関にほとんど縁の無い

言わば「厭世人生」に入りますから(笑)

 

道民の皆様

どんどん飲食店でタバコ吸って

じゃんじゃん税金払って下さい(笑)

 

線香?

笑っちゃうほどカンケーナイね(笑)

 

 

 

 

2018年1月31日8:11 PM | カテゴリー未分類コメント (0)

美しい人

2018・1・30

 

混んでいようと空いていようと、

公共交通機関の中ではきちんと行儀よく座る。

行儀の悪い奴は

間違いなく親の代からバカである。

比率としては

圧倒的に男が多い。

 

僕は根本的に、政治等の世界まで全て含めて

女性の方が遥かに優秀だと思っています。

ごく一部の職人世界は

男の方が向いている場合もありますけれどもね。

 

 

2018年1月30日5:13 PM | カテゴリー未分類コメント (0)

拝啓 秋元市長様

2018・1・28

 

ぼく1964年に札幌で産まれて

冬季オリンピックの前からずーっと真駒内に住んでて、

そのころは市営バスしか街に行く手立てが無くて

ぼくのお父さん札幌市役所の職員でしたけど

いろんなお中元お歳暮の時に年二回

丸井デパートの地下でソフトクリームを買ってもらって

大通公園までなぜかわざわざ持って行って

家族4人で食べて喜んでいました。

 

ぼくら家族には

それが人生最高のたのしみでした。

 

 

 

 

 

2018年1月28日12:37 AM | カテゴリー未分類コメント (0)

最先端を脇目も振らず突っ走る

2018・1・26

 

立ってる人もいっぱいいるのに・・・

2018年1月26日7:20 PM | カテゴリー未分類コメント (0)

毎日新聞 1月25日 朝刊 

2018・1・25

 

11面 著作権料支払い必要性どこまで [音楽教室・JASRAC 訴訟]

 

音楽と教育の関係はどうか。著作権法は、教育機関の大学や専門学校などでの営利活動を目的としない演奏について、演奏権を侵害しないとする。一方、音楽教室は対象外だ。

著作権を持つ作曲家や作詞家が許諾すれば、音楽教室も楽曲を無料で利用できるが、JASRAC の大橋健三常務理事は

「多くの著作権者の信託を受けており、個々人の無料利用の申し出は受け付けられない。使用料は一律に徴収していく」との立場だ。

ただJASRAC 正会員でもある安藤和宏・東洋大教授(著作権法)は「JASRAC 執行部のほとんどは職員出身者。彼らが中心に方針を決めており、作曲家や歌手の意向が反映されているか疑問だ。異論を唱える著作権者がいる以上もっと丁寧に幅広く意見を募るべきだ」と指摘する。

 

歌手の宇多田ヒカルさんは「もし学校の授業で私の曲を使いたいっていう先生や生徒がいたら、著作権料なんか気にしないで無料で使って欲しいな」とツイート。他の作詞家や作曲家からも「音楽教室で練習のために弾いたり歌ったりするものから、使用料をもらいたいと思ったことなどない」とする声が上がった。

 

別に「多くの著作権者の信託を受けて」なんかいないじゃない?

つまりは、使用料をもらいたがっているのは、作詞も作曲もできない、なんの才能もないなんにも創造できない管理会社の職員だけ。ただ自分の汗水一滴たらさない給料の既得権を保持増進したいだけなんだ。

ちなみにSOLI のすぐそばのビルに、ものすごく贅沢に空間使ったオフィスが入っています。

金取られるのが癪で、直接払いに行ったんですからよく見て来ました。

 

他にもあるぜ。「ほけんの窓口」「トリバゴ」・・・ 自分では何ひとつ産み出さないで統括管理しているだけで飯食ってる商売。でも税金のような課金をしてくる訳じゃない。

お役所さんやマスコミさんには、そこまで落ちぶれては欲しくないね。

 

ちなみにSOLI は、ちゃんと年間¥6,000を取られながら、もう半年もBGM はやめています(笑)

まあ、もう店もやめますけどね(円満退社)

 

みんな 黒く塗りつぶせ!

(おっと・・・? あ、セーーーフ。SOLI 著作権料納めてるから)

 

 

12:44 AM | カテゴリー未分類コメント (0)

ページトップ