4月2015

千乃あずみ

2015・4・30

理屈抜きに好きだわ。

千乃あずみ

2015年4月30日7:59 PM | カテゴリー未分類コメント (0)

花曇り

2015・4・28

大通公園の

やや咲き残った感じながら

とても見事な満開のえぞやまざくらを眺めながら、

お弁当を食べて、ビールを飲む。

 

近くのベンチで

煙草を吸う馬鹿と

スケートボード禁止って書いてある花壇の上に

スケートボードで飛び乗る父親

(赤ん坊は母親がスケートボードに乗せてる)

みたいな人間は

なぜ平然と

産まれてくるのでしょう?

 

もうこいつらが親ですからね。

150428_153708

2015年4月28日6:44 PM | カテゴリー未分類コメント (0)

かろのうろん

2015・4・27

お茶のお稽古に

4丁目から電車に乗るんですが

その折にずっと気になってた「博多うどん」を名乗る店に

今日初めて行って参りました。

 

博多うどんは

①腰がない

②博多っ子はこれでなければダメで、日本で唯一讃岐うどん屋が

未だに出店できていない。

③井上陽水さん家の冷凍庫は、常時博多うどんでいっぱいである。

という情報を

僕は、大好きな番組「華丸大吉のなんしようと?」で

入れております。

 

ま、替え玉までしながらあれですが

今の段階では、

まだ讃岐派かな?

150427_173112_ed

2015年4月27日10:42 PM | カテゴリー未分類コメント (0)

驚愕のブランデーケーキ

2015・4・25

僕の「札幌味の指南番」のお一人、

驚愕の主婦 C 様に

差し入れ頂きました。

 

もうね、

包丁を入れた瞬間に判ります。

や、判るなぁ・・・♡

とらやほど、もちろん重たくないんですが

羊羹・・・そうですね、蒸し羊羹を切っているくらいの

しっかりした、しっとりした刃触りなんです。

 

こういうフランスのおばあちゃんが作ってくれるような

焼き菓子が

この頃流行りません。

マカロンだの、焼きとうきびだの

まあ、軽~い時代ですよ。

 

ドライフルーツを漬けて

(そのコニャックもカミュの上級クラスです!!)

ピールになるまでに1ヶ月。

焼き上げて、またコニャックを塗って

食べ頃に馴染むまでに

また1ヶ月。

「時間を味わう」お菓子です。

とても贅沢な味わいです。

 

指南番は

僕の水商売の大先生

「カフェ・ド・ノール」の M氏のご令室様だそうです。

「指南番に指南番で八南番かい?」^_^;

 

今の時代は

750円90分飲み放題が常識の時代ですから、

出来るだけ安い原価で

出来るだけ短時間で金に換えられる飲食業が

席捲しています。

何でも早くなりゃいいっていう時代の

産物以外の何物でもありません。

 

素材と時間を贅沢に使った本物が解る人は、

それをこそ愛する人は、

もう増える可能性がありません。

 

C 様

いつもほんとうにありがとうございます。

いつまでも本物だけを愛する人間で

僕自身もいたいと思います。

150425_182511

2015年4月25日7:01 PM | カテゴリー未分類コメント (0)

どですかでん

2015・4・24

いわゆる「貧民窟」のお話です。

今の言葉で言えば、

全登場人物が「イッちゃってる」人達です。

「鉄っちゃん」の話でもありません。

 

でも、

貧乏で変り者の僕には

どの人も、他人事のようには

思えませんでした。

 

太宰、芥川、三島、島崎・・・もちろん黒澤。

世界中に愛され、今に残る名作群は

人間の本質を

目を逸らすことなく極限まで見抜いており、

だからこそ

誰しもが、いつの時代も

どこかしらに共感しうることを

証明しているのだと

思います。

 

見抜いてしまえる作者は

多く自殺してしまいます。

僕等は彼らよりかなり鈍いので

なんとなく生きています。

欲しがるものは

ただ金だけです。

 

「ペーソス」という言葉は

もう死語ですね。

もちろん「貧民窟」も。

 

絵空事に覆い尽くされているだけで

世の中も、人間も

本質はちっとも変っていないと思いますね。

 

 

12:09 AM | カテゴリー未分類コメント (0)

ページトップ