12月2012

夢は正夢

2012・12・29

今年も1年間

SOLIをご愛顧頂き

本当に有難うございました。

 

来年も

華やかな事はできませんが、

いつでも落ち着いて

ワインやシャンパンで1日のお疲れをリセットして頂ける

隠れ家でいたいと存じます。

 

新年の営業は4日から。

来年もまた「義侠 慶」(写真は縁起の別のものです)にて、

皆様との初春のお目もじを

お祝いしたいと存じております。

 

それでは、どうぞ皆様良いお年を。

2012年12月28日8:26 PM | カテゴリー未分類コメント (0)

年末年始の営業のお知らせ

2012・12・28

年内は29日(土)まで、

年明けは4日(金)からの営業でございます。

2012年12月27日7:37 PM | カテゴリー未分類コメント (0)

ギャラクシー

2012・12・27

カナディアンロッキーみたいな

雄大な大自然の中で

おしゃれなアウトドアギアに身を包んだ

父子。

 

父が釣りをし、

幼い息子はその背後で

携帯端末の画面のアニメに見入っている。

 

これだけの格好をして

こんなところまで幼い息子を釣りに連れて来る父が

「ほら、せっかく来たんだから

 お父さんが魚釣るとこ見ててごらん!」とか

「ほら、あの鳥の声が聞こえるかい?」とか

言うかと思ったら、

大自然の中で画面のアニメに見入っている息子を

無上の笑顔で抱き上げる。

 

そんなことだったら自宅でやればいいんじゃないでしょうか?

 

あるいは、

山奥で魚を釣って住んでいる原住民に初めて携帯端末が届いた感激・・・

というテーマかな?

 

その割には身なりも釣り方もおかしいよな。

 

 

2:41 AM | カテゴリー未分類コメント (0)

京観世

2012・12・26

言わずと知れた

京都 鶴屋吉信の銘菓でございます。

子供の頃は、

エクレアやアイスクリームの方がうれしかったです。

 

「こんなにも、小豆という食材の美味しさだけを

 引き出し切って凝縮させたお料理」があろうか・・・

 

最初の舌触りは

「渦」

おそらく裏漉しして練らない小豆餡です。

「ほっくりとした」茹でたお豆の美味しさです。

 

噛み締める漆黒の餡。

「しっとりと重みのある」歯触りです。

虎屋の傑作「夜の梅」よりも

見目にひと際煌めいた小豆の粒は、

豆の美味しさの真骨頂たる歯当りと

大地の滋味を薫らせてくれます。

 

極上の胡麻豆腐や、

斉須政雄の編み出す

ムースやテリーヌは、

全て

同じベクトルの仕事だと理解できます。

2012年12月25日6:56 PM | カテゴリー未分類コメント (0)

サンタクロース

2012・12・25

僕は、

幸せに育ち過ぎて来て精神的に情けないので

時々店になんか向かないんじゃないかと

思うことがあります。

でも

何故かその度に

強い神様の使者が来てくれて、

「もう少しまっすぐ進んでみなさい」と

こんなにいろんなことを見聞きしてきたつもりの僕に

新しい啓示を下さる。

 

N先生

今夜、生れて初めて

サンタクロースっているかもしれないと思いました。

 

 

 

 

 

1:42 AM | カテゴリー未分類コメント (0)

ページトップ