4月2011

アブラクサスの祭

2011・4・30

玄侑宗久さんの著作と初めて出会ったのは、

朝日新聞の付録の月刊のリーフレットみた様なのに

掲載されていたエッセイだ。

 

寺に生まれて、

時にナイトクラブの店員なども含む、

様々な生き様の青春を過ごされた後に、

天龍寺で修行され、仏門に入られた。

 

「そうか、躁や鬱や分裂ではなく、六道の輪廻として浄念の変化を捉えてみようかと多恵は思った。

 しかしそう思ってみると、ものを惜しむ餓鬼も、ものを知らない畜生も、怒りに我を忘れる修羅も

 浄念ではなく、自分ではないかと思えてきた。

 浄念はただ人と人の間で言葉に縋りながらなまずのひげのように漂っている。

 それはもしかしたら地獄と天道との往復だろうか? 

 いや、浄念の言うように人と人との交わりによる苦しみの世界が人間(じんかん)であり、

 喜びを感じるのが天道だとするなら、いったいそれ以外の地獄とは何だろう?

 多恵は生かじりの知識でそう思った。」

 

三島の「金閣寺」も、

イッちゃってる坊さんの話ですが、

僕はどちらも、読んでとても共感できるところが多く、

そのために、

これらが共に「名作」であり、

即ち昭和にも平成にも、

「広く一般の『正常な人達』に理解され、愛読されている」

という事実の、揺るがざる裏打ちがある・・・

という事に、

人知れぬ安堵を覚える訳です。

 

「浄念に聞いた六道の話がふいに浄念の声で甦った。

 『天道のさらに上に有頂天っていうのがあるんだけどね、もちろん永くは続かないんだ。

  そして地獄の下にも金輪際っていう底みたいなのがある。そこからまた引き返して来るんだ』

 そうかもしれない。そうして浄念も自分も輪廻していくのだろう。

 多恵は理有を抱えたまま、すこし速い胸の鼓動を感じながらそう思っていた。」

 

 

2011年4月29日11:42 AM | カテゴリー未分類コメント (0)

お詫び(役立たず)

2011・4・28

以前にさんざん偉そうにブログアップ

させて頂いた、

骨髄移植のドナー審査の件、

心配が現実になってしまって、

いくつかの持病の長期に渡る服薬が

「患者さんに与え得る悪影響を否定できない」

と判断され、

コーディネート終了となってしまいました。

 

まず、

(まだ知らずにいて下さったはずですが)

お力になれるかもしれなかった患者さんに

自らの不徳のためにお役に立てなかった事を、

心から深くお詫び申し上げます。

 

そして、

たくさんの励ましを下さったご常連の皆様に、

何も決まらないうちから興奮してブログに書いて、

結局門前払いに終わった、

口ほどにも無かった役立たずの自分を恥じ

深くお詫び申し上げます。

 

どうも申し訳ございませんでした。

 

11:39 AM | カテゴリー未分類コメント (0)

GW中の営業のお知らせ

2011・4・27

今週から始まるGW中の

SOLIは、

日祝休といういつも通りの営業を

させて頂きます。

営業日は

4月30日(土) 5月2日(月)

5月6、7日(金、土)でございます。

 

静かな日々が続いております。

連休を利用しての帰省をご予定の皆様、

カレンダー通りのお仕事の皆様、

どうぞ、応援してやって下さいませm(__)m

2011年4月26日11:31 PM | カテゴリー未分類コメント (0)

休日の食卓(後編)

2011・4・26

いよいよ驚愕の

「青の洞窟 ラザニアセット」!

 

こんなキットです。

ちょっとね、子供の頃に

プラモデルの箱を開けた時の様な

ドキドキする興奮を覚えませんか?

これで、2台分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①まず、波打つパスタを、

 アルミの深皿に、波が交互になるように

 (くっつかないようにです)

 1皿に6枚積み重ねます。

②ひたひたまでお湯を注ぎます。

③ここいらで、オーブンを余熱200℃に

 セットしておきます。 

④3分で、パスタを別皿に置いて

 お湯を捨てます。

⑤ボロネーゼソースとホワイトソース、パスタ1枚

 の順に積み重ねて、最後をホワイトソースで

 終えます。

⑥(キットには付いてませんが)お好みのチーズを

 最後にばら撒く事をお勧め致します。

 粉チーズでも、とろけるチーズでも、冷蔵庫で

 半分風邪をひきかけたチーズなどを使い切るのにも

 いいチャンスです。

⑦200℃のオーブンで15分程焼いて完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お家で頂くには、充分な美味しさです!

一から全部作ってごらんなさい・・・

大変な仕事ですよ!!

だからこそ、

料理屋さんに食事に行く

価値は失われない訳ですが・・・

 

僕はひとり者ですので、

2台とも組み立てて、チーズを載せる前のところで

1台を冷凍しました。

また今夜あたり、焼いて食べよっかな~heart

 

是非お試しあれ。

 

8:34 PM | カテゴリー未分類コメント (0)

休日の食卓(前編)

2011・4・25

日曜は、一日中自宅で過ごす事が、

ここのところ、めっきり増えておりますが、

目の前の東○ストアで揃えた、

かなり手抜きで、ちょっと粋に見える、

晩餐のお噂でございますheart

 

胃腸と肝臓の疲弊から、

柔らかくて、暖ったかくて、

消化の良さそうなものをちょっと、がいいな・・・

って思って、

端から「マカロニグラタン」だけは、イメージして

買い物に行ったんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「登別産 白貝」(半額!!)

「ハインツの小分けのホワイトソース」(お休みだと、ベシャメルも炊かない怠け者(>_<))

「ディチェコのペンネ」

「背ワタ取り冷凍剥きブラックタイガー」(これもやや怠慢な感じ(>_<))

「青の洞窟 ラザニアセット」(怠慢)

「グリルチーズスライス」

「ペリエ レモン」

 

 

まずは「白貝の酒蒸し」

流れとしては「白ワイン蒸し」が

断然良かったのですが、

飲まないつもりで、買い物の時に

全くワインが眼中になく、

また、白貝も

買った時点では「月曜の朝食の味噌汁に!」

なんて思っていたこともあって・・・

在り合わせの料理酒で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・それが、ものすごく美味しい。

 

北陸辺りでは「饅頭貝」などと称され、

アピシウスの、故高橋シェフが、

気に入ってよく供されていた位、

貝そのものが、実に美味しい。

コツなんて、蒸し過ぎない事だけ。

 

また、このくらいの大きさですから

安いんですよ!!

スーパーで見つけたら

是非召し上がって頂きたい、

素晴らしい食材でございます。

 

ここで、

今更ながら、白ワインを買って来なかった事を、

大きく後悔し・・・

堪らず、ビールだけは飲んでいい事にしましたdevil

 

 

海老とペンネのグラタン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなのは

手抜き料理の真骨頂みたいなものですが・・・(@_@;)

でも、まあ疲れた心身は

結構暖ったまるもんです。

 

 

そして、本日のメインイベント

「青の洞窟 ラザニアセット」

 

ご存じの奥様も多い事と存じますが、

初めて手にした私は、

その本格的省力的キットに

驚嘆致しました!

 

ここからが、この記事の

一番の目玉なのですが・・・

長くなりましたので、また明日m(__)m

 

2011年4月25日8:02 PM | カテゴリー近況報告コメント (0)

ページトップ